中国ゲーム審査の回復に新たな進展:全国各省レベルの機関改革案が承認された




11月13日に報道し、先週の日曜日上海市機構改革案が正式に承認されたことに伴い、全国の31省の省レベルの機構改革案はすべて中央の許可を得た。機構改革案が承認された後、各省区市は正式に省レベルの機構改革の全面的な実施段階に入る。





*http://www.gamelook.com.cn/2018/11/343333

全国各省の機関改革案が承認されたのは10月から始まり、最初に承認された海南省から最後に認可された上海市まで、前後1か月以上にわたって行われた。

ゲーム業界では、今年3月末に版号の承認を開始してから、7か月半の間に新製品の取得版を取得していないことが7か月半も続いています。一方、業界のもう一つの重要な製品許可:文化部の国産オンラインゲームは、今年の6月初めに新しい申請を一時停止し、前後も5ヶ月余り続いた。

過去数ヶ月間、ゲーム企業はゲーム承認の回復を待ち望んでいたが、業界内では承認を再開するという噂が後になって証明されていた。ゲーム業界はこのように承認を回復するデマに免疫している。

事実、これまでに文化省がメディアからの問い合わせを受けた際に一時停止したことがあり、国家機構の改革が原因となっている。

GameLookから見れば、機構改革は確かにゲーム承認との関連性があり、例えば今年の中央レベルでは、新聞出版本庁が国内のゲーム産業を管轄する範囲は変わらないが、上級機関は既に中宣部になっている。中央一級文化主管部門も相応の変化があって、二つの大部分委員会を合併して、新たに文化と旅行部を設立した。この一連の機構改革はすべて主管部門の体制、人事調整などの変動に関連している。

中央一級の機構改革は各省委員会の「三定書類」が次々と完成して、すでに段落して、次は省一級の機構改革である。

ゲーム業界にとって、1級の新聞出版、文化部門はゲーム製品の承認申請を受け入れる機能を担当し、承認プロセスの中で、第一歩に入る。最終リリース版番号、ゲーム記録は実際に中央一級主管部門が負担するが、省級機構改革の進度はゲーム業界の審査と直接関係がある。

全国31の省級機構改革案の承認に伴い、省レベルの機構改革は実行段階に入り、中央一級機関改革と似て、各省広報部はニュース出版局の看板をつけ始めた。同時に中央に類似した文化と観光局にもなりました。

GameLookから見れば、省庁改革の承認が実際に行われたことは、ゲーム製品の行政承認プロセスからの通達が実現されていることを意味しており、ゲーム承認の再開のための条件を作り出している。

しかし、進捗から見ると、中央の要求によって、12月末までに省級の機構改革を完成して、省内の機構改革の完成の進度は来年の3月末である。

現在、案が承認された後、各省レベルの機関は省レベル三定書類の実行、実行中であるが、今年の残りの時間はもう多くない。

ゲーム業界にとって、機構改革の段階的な終わりは行政承認プロセスの長期化を代表するだけで、業界主管部門のゲーム業界の関連管理書類はまだ進行中で、ゲーム企業は依然として根気よく待つ必要があることを了解した。

0 意見:

 
吹著魔笛的浮士德 © 2010 | Designed by Trucks, in collaboration with MW3, Broadway Tickets, and Distubed Tour