テンセントはゲームのマーケティング予算を削減し ゲーム業に「危険を暗示する」



ブルームバーグはテンセントがゲームマーケティング部門の幹部にマーケティング予算を引き締めたことを通知したと発表した、「共同に困難期を越える」を要求した。

テンセント発言者は予算調整に関するコメントを拒否した。


Source:Gamelook



この情報は、ブルームバーグが入手したテンセント内部通知に由来しています。具体的には、版号を獲得していないゲームは必ず予算を回収しなければならず、予算が足りない場合は、成熟したゲームのブランドマーケティング予算を半分に削減するという内容になっています。

業績不振ゲームのマーケティング支出を削減するとともに、来年に発表されるゲームのマーケティング支出もグループに引き返す。その調整の原因は、ブルームバーグによると、ゲーム業界の監督の調整、及び国内の経済減速の影響であるという。

GameLookから見ると、テンセントの前日に「VR WeChat来年発売」を迅速に披露したことは異なり、今日は予算削減の噂に沈黙しているということは、このニュースの信頼性を示している。


GameLook氏は、テンセントが上記の調整を行うのが妥当であるとしているが、最も重要な理由は、今年中に発表されたいくつかの新しいゲームが先送りされていること同時に、いくつかの試験期間のゲーム版号が期待よりも遅れていることである。すでに実行されていない市場予算回収グループは、予定されていた2018年マーケティング計画の「実質的な失効」を招いた。

今回のニュースを「危険暗示」と呼んだのは、削減の強さが大きく、未来を予測できないような姿勢で削減し、将来のゲーム市場環境の判断が消極的であることを暗示しているからである。同時に難関を越えて、誰と一緒に渡ることを要求しますか?

これは多かれ少なかれ、テンセント内部にはまだキャッシュ・フローを追求している営業がないことを示しています。たとえば、PUBG や、ゲームではない産業のインターネット事業などです。

テンセントは国内最大のゲーム企業であり、多くの上場ゲーム会社、中小ゲーム開発者の将来に影響を与えるプラットフォーム型企業として、マーケティング予算を削減する信号を出している。客観的には業界の仲間に「マイナスのフィードバック」が生まれる。結局、現在多くのゲーム上場企業の主力製品はテンセント代理店に任せている。

さらに多くの非テンセント企業にとって、今年連続的に起伏する業界の激動態勢や政策調整の変化に伴い、多くの中小企業の管理者は、業界リスクへの対応を多少なりとも相互に主張している。その中で、リストラ、出海、転換は多くの業界内のWechatグループの一般的な話題となっており、大工場の人員削減、削減プロジェクトについての噂が絶えない。

多くのゲーム業界の中小企業は資金フローの圧力の下で多かれ少なかれ、やむをえない措置を取って未来のリスクを予防している。今日、テンセント予算削減のニュースが伝わると、さらに業界内の企業には一連の連鎖反応をもたらすことが示唆された。

テンセントがこのような調整を行うのは、ゲーム業界の人々にとって非常に残念な行為であるが、いずれの業界企業も現在、現在の業界の寒中感に共感していることは理解できる。

一方、GameLookによると、テンセントはマーケティング予算の削減、特にブランドマーケティング予算の削減には隠された意味が残っていた。ゲームは過去数年、積極的に主流社会に溶け込んでいる状態から、後退を必要とする段階に変化しつつある。

これこそテンセントが本当にみんなの内容を暗示しているのかもしれない。

Source:Gamelook

0 意見:

 
吹著魔笛的浮士德 © 2010 | Designed by Trucks, in collaboration with MW3, Broadway Tickets, and Distubed Tour